FC2ブログ
 
模擬国連
先日の佐渡裕指揮のオーケストラのコンサート、
ロッシーニのオペラの曲で感情豊かに始まり、
お次はメインのバーンスタイン「不安の時代」だった。
初めて聞いた。
不思議で、鋭く、場面がどんどん変わるこの曲に
必死でついていった。
もぉ 想像できない曲の展開で30分休む暇なしだった。
これがバーンスタインか!

この後、休憩時間があった。
隣の娘を見ると なにやら浮かない表情。
バーンスタインに翻弄された顔でないことは確かだ。
「あんまり聞いてなかった。違うこと考えちゃって。
 はぁ、なんで模擬国連なんかあるの、、、。」

海は1週間後に控えていた「模擬国連」で頭がいっぱいで
本人が「不安の時代」だったのだ。

模擬国連とは、8年生の社会の授業の課題で
メインイベントとも言える。
国連で取り上げられている社会問題に
生徒たちが3、4人のグループを作って取り組む。
1ヶ月ほど準備をかさね、ディベートで闘うのだ。
勝ち負けもつく。

海たちはカタルーニャ独立に関して。
娘のグループはスペイン側となり、カタルーニャ側と議論する。
議題は他にも、尖閣諸島をめぐる 日本vs中国や
核開発をめぐる 北朝鮮vs国連加盟国や
パレスチナ問題をめぐる イスラエルvsパレスチナ
などさまざまだ。

自分たちの正当性が示されるような資料を集め
相手側の反論を予測し、それに対抗する策を練る。
海は、反論に反論する役になったので
泣きたいくらいのプレッシャーを感じていた。

スペインの憲法を調べたり、BBCの記事を読んだりして
スペイン側の有利になる資料を探す。
できるだけ準備をして
こう言われたら、こう言い返すのパターンを増やす以外ない。
あとは出たとこ勝負だ。
わかってる。できることをやるしかない。やるしかない。
しかし、毎日準備しても心の奥に居座るどよどよした不安が
消えることはない。
時々「もぉ、嫌だー!」と不安の大きさと同じ分の声を
吐き出すことでなんとかバランスをとっていた。

模擬国連の時は、服装もフォーマルである。
当日は、私のワンピースの上に、私のジャケットを着て
ストッキングをはき、ハイヒールをもって登校した。
いつの間にか、私と身長がぴったり同じになっていた。

帰ってきた娘は軽やかで穏やかだった。
背丈と共に また見えないなにかを越えていく。




Posted by 船長
category:娘   系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/519-b132a787
trackback