ペタペタ
昔はいろいろとバイトを経験した。
定番のウェートレス、家庭教師などの他にも
アンケート作成、受験の試験監督、スーパーの試食案内。
ちょっと珍しいところでは、選挙のウグイス嬢2回。
一番面白かったのはエキストラ。
これはバイトというより楽しみで大学4年間ずっと続けた。

どのバイトでも、お金をもらう時に
封筒か何かに入っているとホッとして
ひらひらと現金を手渡されると そわそわした。
家庭教師でお金を財布から数えながら払われて、
その額を見た生徒がノートの隅に1回いくらなのか計算したことがあった。
正当なお金でありながら なんとも言えぬ居心地の悪さを感じた。
労働価値とお金の生々しさとの間に
ワンクッション置きたかったのだ。
若かったってこともあるのかな。
お年玉もずっと袋に入れて取って置く子どもだったから。

前置きが 長くなってしまった。

ガーナで結婚式などの祝い事で演奏したり踊ったりする人に
「おひねり」をあげる場面を何度か見た。
おひねりといっても紙に包んであるわけではない。

IMG_3200.jpg

汗をかいた顔に現金をペタペタ。

IMG_3201.jpg

コインまでペタペタ。

お金の生々しさは その生々しい分だけ
ちょっとした興奮作用があるのだろう。
お金が舞うことでわっと歓声が上がった。
お金がお金としてしっかり見えるから
盛りあがるわけなのだ。

IMG_5250.jpg
          コンサートでもステージに上がってペタペタお札をくっつける

IMG_5261-2.jpg
          右の男性がお札をひらひらとばらまいた

一度、小学校の友達である演歌歌手のコンサートに行ったら
歌と歌の間や、歌っている最中にも
後援会らしき人たちがたくさんステージに近づいて
「頑張ってね」と着物に次々とお札をはさんでいた。
この時も観客は盛りあがった。
地球の裏側と同じだ。

ガーナにいると別世界を感じることがよくあるが
そんな別世界(に見えること)は、案外身近なところにもあるのかもしれない。


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/494-7fd22def
trackback