ちっちゃなことだけど
年齢を重ねると、初めてやって、初めてできた
という経験が少なくなる。

生きている間、経験は減らない。
それを活かしているかどうかは別として
経験自体は増える一方だ。
だから初めての経験が少なくなるのは自然なこと。
そう、自然なこと。
でもちょっと寂しいことだ。
新しいことに挑戦しなくなる自分もいるからだ。
挑戦なんていうと、やけに大げさだな。
つまり「やったことがないことをやってみること」が
めっきり少なくなっている、私。

そんな日々の中、
久々に「生まれて初めて出来た!」があった。
ちっちゃいことなので
こんなことをわざわざ言うのも赤面するが
あまりに嬉しいので自分の記念として書いてしまう。

こんなつまらないことでも
シュッときれいに収まった瞬間
全身、喜びで弾けた!

ちょうど博士と海が
その瞬間を見て(見守って)いたことが
嬉しさを倍増させてくれた。
子どもがよく言う「見て見て、見ててね!」も納得だわー。

「初めて出来た」のかたまりである子ども
きらきらと輝いているわけです。

FullSizeRender-3-2.jpg
          初めて、けんに玉が入った。ちっちゃいちっちゃいことです。

Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/492-6162d123
trackback