お揃いで街に出る
博士と私にとって
ガーナ生活の大きな楽しみの一つが
日曜日の太鼓である。
(参照:「日曜日の朝「治るまで」

歌(先生がガ族なので、ガ語の歌)の
レパートリーも優に10曲を超えた。

普段の練習は4人で室内。(先生がふたり)
4人で合奏、合唱しているのも十分楽しい。
どうしたって笑顔がこぼれるくらい気分が上がる。
でも、せっかくなので外で、ガ族の人たちの前で
演奏してみようかという話になった。

4人でお揃いの服を作り、街に出た。
「勝手に発表会」である。

IMG_1435-2.jpg
          ちょうど良さそうな船にのりこむ。

IMG_1437.jpg
          セットアップ完了。

IMG_1466-2.jpg
          1曲は先生たち二人の曲。

IMG_1475.jpg
          さすがの演奏!

IMG_1497-2.jpg
          発表会後。

外で叩くと、音の伸びが違う。
音が空気と馴染んで、自然に還っていくみたい。
そして自分もガーナの風景の一部になったような快感。
あぁ、快感。

Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/480-6aac61d0
trackback