テンテンテン
ガーナに季節はあまりない。
常夏だ。いつも暑い。

しかし、暑さの波もそれなりにあり
時々雨の降る今頃から
家の中の温度計は30度を超えず
かなり過ごしやすい暑さになる。
7月、8月に限っては東京から来ると避暑気分を味わえるほどだ。

暑さを和らげ清々しさをもたらしてくれるその雨であるが、
長所の裏にはちょっとした短所もある。
雨漏りだ。
雨が降ってしばらくすると「テン、テン、テン」と
ゆったりとした規則正しい高音の音が聞こえてくる。
そして大降りになると、速く生き生きとしたテンテンテンテンになり、
そのテンテンテンテンが天井に滲み出てくる。

天井職人に来てもらった。
屋根裏に上がってみてくれるが
雨が降っている最中でないと
どこが漏れているのかがよく分からないようだ。

IMG_9376.jpg

それで、根本の雨漏り部分はそのままだが、
見えるところを直す。
シミで変色した天井の表面をザッザッと削り
ヘラとローラーできれいに平らにして
慣れた手つきであっという間に仕上げていく。

IMG_9412.jpg

IMG_9396.jpg

よしっ、これでよし。
笑顔で帰る天井職人。

IMG_9419.jpg

雨が降ったら、またテンテンテンのリズムが流れてくるね。
大降りだったら雨漏り始まるよ。

まぁ
そしたらまた、天井職人、頼めばいいのか。

Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/457-67acd835
trackback