自然と。
ボナイリ村。
北部の中心都市タマレから車でガタゴト
1時間くらいで着く。
ここには2度泊まった。

村の家には水道もトイレもない。
私たちが宿泊者第一号として
泊まったゲストハウスにもない。
部屋にある蚊帳つきのベッド以外は
私たちが日常的に使ういろいろがない。

14052362.jpg

でもおとなも子どもも
おしゃべりして料理して
食べて笑って遊んで眠って
当たり前に日々を送っている。
私たちと変わらない。
普通の生活のいろいろがある。
そんなところが好きだ。

14051616.jpg
     わいわいと料理
14051705.jpg
     毎日アウドドア

村での楽しみは散歩。
シアバター工場をたずねた。
前回、女性たちがわいわいと働いている姿が
心地よかったのだ。
しかしこの日はシーンとしていた。
粉砕器の故障で急きょ休業とのこと。

子どもたちが私たちの姿を見つけ寄って来た。
人なつこい子が多い。
カメラを見ながらポーズをとる。

IMG_3811-2.jpg

「はい、ジャンプジャンプ〜」
とカメラをもちながら跳んでみせると、
3人とも、のってくれた。
この方が好き。

IMG_3814-3.jpg


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/449-aa317238
trackback