新監督
日本で人気のスポーツというと、野球、サッカーがぱっと思い浮かぶ。
しかし、最近でいえばラグビーが人気急上昇だし
相撲もまた満員御礼のようだ。
フィギュアスケートやテニス、競泳や体操、
ゴルフやバレーボールもいい線いっている。
箱根駅伝や高校野球にはコアなファンがいる。
つまり、それぞれの人の好みでいろんなスポーツが
「人気のスポーツ」になりうる。

では、ガーナで人気のスポーツといえば、
これはもう間違いなくサッカーである。
1も2もなくサッカー。
誰に聞こうがサッカー。
それくらいサッカーは他を圧倒している。

W杯にも3大会連続で出場し、南アフリカ大会ではベスト8の
「ブラックスターズ」(ガーナ代表の愛称)は国民のスター。
代表選手のほとんどはヨーロッパでプレーしているが、
ガーナ•プレミアリーグという国内リーグには
もちろん熱狂的なファンがついている。

国内リーグでは
首都アクラの「ハーツ(ハーツ・オブ・オーク)」と
第2の都市クマシの「コトコ」が
歴史も古く、強く、人気も絶大とのこと。
簡単に言うと、昔の巨人と阪神みたいなものだ。
その強いはずの「ハーツ」が2009年を最後に
優勝から遠ざかり、ここ数年低迷している。

そこで、その名門チームの監督として
白羽の矢が立ったのが、なんと日本人の八橋健一さん!

ジャパンウィークの直前、このビッグニュースは
連日ガーナのテレビや新聞で取り上げられた。
その頃、ジャパンウィークの宣伝のために
ラジオの生番組に出た博士、
その時もまず聞かれたのが
「八橋をどう思う?」だった。

IMG_0188.jpg

ジャパンウィーク初日(映画祭)、
ショッピングモールでチラシを配っていると、
どこかで見た顔が近づいてくる。
あぁっ「時の人」、八橋さんだ!
ジャパンウィークに来てくれたのだ。
テレビや新聞で再三紹介されていただけあって、
通りすがりの人たちに握手を求められたり
写真を撮られたりしていた。

「到着した時も、空港の外で待っていると言われたんで
 着替えようと思っていたんですよ。
 それが飛行機降りたら、もう待ち構えていて捕まっちゃって
 首になんかかけられて、写真をバシャバシャ撮られて
 すぐに記者会見。
 なんかね、新聞でいろいろ書かれているみたいで。
 8割は間違ってるんですけどね。」
と爽やかに笑った。

サッカー後進国の日本人に監督がつとまるのか、とかなんとか
批評家やファンの間ではなかなか風当たりも強いようだ。
勝負の世界、勝って信頼を勝ち取るしかない。
ぜひ、頑張ってほしい。
応援してます!

シーズンは12月から。
アクラでの楽しみが一つ増えた。


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/431-2d279661
trackback