問題はさておき

私たちが住んでいる家では、
ゴミは敷地内にある大きなゴミ箱に出す。

ビンも缶も生ゴミも全て一つの袋に放り込んで
ギュッと袋の口を結んで終わり。
ゴミ箱からの個人的なリユース(つまりゴミ漁り)はあれど、
分別はなし。

きっちりした日本の分別ゴミを知る身としては
多少すっきりしない部分はある。
しかし、ここに暮らしていると
その細かい分別がだんだん
文字通り「細かいこと」のように思えてくる。

なんでもポイポイ、ゴミ箱に捨てるか
なんでもポイポイ、どこにでも捨てるか

どこでもかゴミ箱かが、ここでのほぼ唯一の
「分別(ぶんべつ)」かつ
「分別(ふんべつ)」と言えそうだ。

ガーナのゴミ問題。
いろいろ山盛りありそうだが
それはさておき、
アクラのゴミ関係で私のお気に入りは
軽やかな音楽とともにやってくるゴミ収集車! 
(首都アクラでは走っている)

IMG_9939.jpg

この3輪のゴミ収集車、
小さくてなんとも愛嬌があるのだ。
見かけた時はいつも手を振ってしまう。

IMG_9948.jpg

ほぼ確実に振りかえしてくれるのも好きなところ。


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/420-6f0d729e
trackback