カクム国立公園
去年イスラエルからカリアが遊びにきてくれた時に
カクム国立公園へ一緒に行った。

1990年に森林生態系保全のために設立されたという
熱帯雨林の国立公園。
園内には、絶滅危惧種の動物や様々な鳥や蝶がいるらしいが、
このカクム国立公園の目玉はなんといっても「吊り橋」だ。

14049998-2.jpg
     吊り橋まではしばらく歩く。途中の休憩所。

14040073-2.jpg
     ちょっと分かりにくいが、上の方に吊り橋が。

木の上に7本もの吊り橋が渡してあり、
熱帯雨林の上をぐるりを歩けるようになっている。

その長さ330メートル。
その高さは50メートル!(一番高いところ。Wikipediaより)

14040057-2.jpg

14040062.jpg

足元はわりに狭く、
渡してある木がところどころ欠けていたりして
視線を落とすと、下まで見えて怖い。
吊り橋の揺れにも敏感になってしまう。

想像力をできるだけオフにして
遠くを見渡すといい。
ゆったりゆらゆら揺れながら
笑っちゃうくらいの高さで熱帯雨林の上を歩いている
珍しさとハイテンションを楽しむに限る。

14040080-2.jpg

ドキドキも気持ちいい。

Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/413-018506bb
trackback