プランテーン
「ガーナの主食はなんですか?」
と聞かれることがある。
日本の主食だったら「ご飯」と自信を持って言えるが
ガーナの主食は種類が豊富で、なかなか答えられない。

ヤムイモ、キャッサバなどの芋類、
プランテーン、トウモロコシ、米、その他の穀類。
それぞれを茹でたり揚げたり蒸したり、
茹でた後、何種類かを混ぜて餅のようについたり、
(これは作り方も味も日本の餅に似ている)
粉状にして練って発酵させたり、
バナナの皮で包んで蒸して強烈に発酵させたり、
いろいろと手が込んでいる。

IMG_0404c.jpg
      お餅に似た「フフ」が入ったスープ

さて、今日はその中のプランテーンについて。
プランテーンとは見た目は大きなバナナそのもの。
でもバナナのように生では食べられない。
街角で焼かれていたり、
ポテトチップスのように揚げられたり
お餅に似た「フフ」の材料になったりする。

14033879.jpg
       市場のプランテーン

「大きなバナナをむいたら中身はジャガイモだった」
それに近い。

ポテトチップスならぬプランテーンチップスは
道路でよく売られている定番商品だ。
頭の上に載せられたプランテーンチップス、
これが好きな娘は、見つけるとだいたい窓を開けて
1セディで買っている。(約40円)

IMG_9980.jpg
      左手前がプランテーンチップス

透明な袋に入った黄色いプランテーンチップスは
ポテトチップスのようにヤワではなく、
しっかりした歯ごたえがあり、
バナナチップスのように甘くなく、
適度な塩味である。
なかなかイケルやつなのだ。

そして道端のベイクド・プランテーン(焼きプランテーン)は
これまた味がぎゅぎゅっと濃縮されて
甘酸っぱいお芋のようなおいしさだ。

IMG_0023c-2.jpg

IMG_0024-2.jpg
       おばちゃんは涼しい顔でひっくり返す

形を変えると、プランテーンの違う顔が見える。
それぞれの作り手に、違う良さを引き出されているのだ。

ガーナの主食となる作物の中では
幸せ度の高さナンバーワンだと
個人的には思っている。


Posted by 船長
category:食べもの系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/409-7c2009dd
trackback