憧れ
いつか、野生の象とキリンとダチョウを見てみたい。
いつの頃からかそう思っていた。

小学生のとき、校区内に動物園があり
二日間にわたって動物園で絵を描くという
今から考えるとずいぶん贅沢な
写生大会という行事があった。

好きに動物は選べたので
私は1年目に象、2年目にダチョウを描いた。
来年はキリンだ、と既に決めていたのだが
次の年にみんなで動物園に行くことはなかった。
その行事はなくなってしまったのだ。

ガーナでは、北部に象は棲息しているが(まだ見たことはないけれど)
キリンとダチョウはいない。

「ガーナにキリンもライオンもダチョウもいないのは
みんな食べちゃったからだ。」

冗談なのか本当なのか、よくわからないが
すらりとした体格の人が多いケニアやタンザニアなど
東側のアフリカ諸国と比べ、
がっしりした体型の人が多いガーナの人々
そんな話を聞くと、笑って納得してしまう。

ガーナはどうあれ、今がこれまでの人生で一番
野生の象とキリンに近いのは間違いない。
ガーナ滞在中に必ず見にいこうと心に決めていたところ
「キャンプをしながら野生動物が見られる」という情報を得た。
キャンプ好きの我が家には願ったり叶ったりだ。
そして
ナミビアに飛んだ。

IMG_7368-2.jpg

キリンってこんなに前かがみに歩くのか。
知らなかったなぁ。

IMG_7647.jpg

こんなに頬がこけてるのか。
なんだか知ってるような顔にも見えてくる。

IMG_7720.jpg

足首がしまってないことを
象足って言うけど、
こんなにキュッとしてるじゃないか。
失礼しちゃってたなぁ。

野生の動物は、圧倒的に美しいのだった。

Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/407-0e07943c
trackback