猫の手になりきれず
トントントントントントンシャクッ ・・・・ 

先週、またやった。

我が家の包丁は、時々博士が研いだり、
研いでもらいにいったりしてくれるので、よく切れる。

この指と爪のセット。
前回も前々回もほとんど全く同じ位置。
我ながら情けない。

半端にはげた爪がどこかに引っ掛かったりすると
ぎゃっと飛び上がることになるため、しばらくの間
ガーゼとテープは手放せない。
「あれ、どうしたの? また同じところ。」 と
娘にも、日本語を教えているエミリーにも
海の友達のお父さんやお母さんにも言われ
あぁ、痛みをくりかえす自分が恥ずかしい。

yubi.jpg
      「猫の手にしないと危ないよ」博士によく言われてた。
        親指だけうっかり伸びてしまう。


包丁よ、最近どうして私を切るんだい?
心の中で、そんなことをつぶやいてみる。
そして、ふっと思いあたる。
何かこういう「対話」が足りなかったんじゃないか、なんて。

10年の付き合いとなるこの包丁と私、
故郷も同じこの包丁と私、
包丁を握りながら、大体いつもあわてていたり、
他のことを考えてばかりいたなぁ。

これからは気持ちを散らさず、
もっとのんびりとじっくりと包丁と過ごそう。
なるべくそうしよう。


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(4)    trackback(0)

comment
そうそう、親指はついつい伸びちゃうんですよねぇ…。以前、僕もやったことあります。
うちの包丁もよく切れるので、気をつけるようにしています。(まぁ、最近は千切りのような細かい作業全然してないけど。)

お大事に~。
2012/01/30 17:05 | URL | edit posted by Mr. 33
「そうそう、親指ついついねぇ。」と同意してもらって、嬉しいです。
博士は絶対そういうことないみたいで、どうして親指が? と首を傾げています。

テープで曲がりにくくなった親指、
さらに切ってしまわないように、気をつけます。
慣れてきたころが危険です。
2012/01/30 23:56 | URL | edit posted by 船長
あれぇ~?
写真と同じ手をしても、指が飛び出さないよ!
だから博士と同じで絶対親指をカッパにすることは、ない。

船長は親指が長いんじゃない?
あ、私が短いのか・・・
2012/02/03 17:09 | URL | edit posted by zaigo_mon
ざいごちゃーん、久しぶり!
あははは、久しぶりの登場でも相変わらず面白い、さすがだな~、ざいごちゃん。

これを書いている短い間にすでに「思い出し笑い」をしてしまう。
うーん、すごいな、ざいごちゃん。
2012/02/06 01:15 | URL | edit posted by 船長
comment posting














 

trackback URL
http://hyoryusencho.blog25.fc2.com/tb.php/309-33c340fb
trackback