お揃いで街に出る
博士と私にとって
ガーナ生活の大きな楽しみの一つが
日曜日の太鼓である。
(参照:「日曜日の朝「治るまで」

歌(先生がガ族なので、ガ語の歌)の
レパートリーも優に10曲を超えた。

普段の練習は4人で室内。(先生がふたり)
4人で合奏、合唱しているのも十分楽しい。
どうしたって笑顔がこぼれるくらい気分が上がる。
でも、せっかくなので外で、ガ族の人たちの前で
演奏してみようかという話になった。

4人でお揃いの服を作り、街に出た。
「勝手に発表会」である。

IMG_1435-2.jpg
          ちょうど良さそうな船にのりこむ。

IMG_1437.jpg
          セットアップ完了。

IMG_1466-2.jpg
          1曲は先生たち二人の曲。

IMG_1475.jpg
          さすがの演奏!

IMG_1497-2.jpg
          発表会後。

外で叩くと、音の伸びが違う。
音が空気と馴染んで、自然に還っていくみたい。
そして自分もガーナの風景の一部になったような快感。
あぁ、快感。

Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

明るい方へ
2017年が明けました。
今年もできるだけ明るい方へ
舵をきって進んでいきたい と思っています。
どうぞよろしくお願いします。


ガーナに戻る前日、雪が降りました。
それまで、寒い寒いとほとんど動けず
コタツで丸くなっていた娘の海。
雪に導かれるようにベランダに出て
軽やかに舞いはじめました。
さらにエッサエッサと飽きずに雪かき。

驚くほど長い時間、外で遊んでいました。
シャベルで雪を運び、雪だるまを作って。

雪かきも雪との遊びなんだなぁ。

遊びと思うと遊び。

私も「これしなきゃ、あれしなきゃ」と日々やっていることに
ちょっと遊びの気持ちを入れたいな。
アイロン1枚、ココロの1ポイントとか、
5分でどこまで終われるかチャレンジ掃除とか
野菜炒めをヨガ気分の片足立ちでやるとか(これは、危ないかな)
なにかやっているうちにもっと楽しいことも思いつきそう。

皆さん、ほかのアイデアがあったらなんでも良いので教えてください。

「やらなきゃ」から「やりたい」へ。
2017年、遊び名人の方角をめざします。

DSCF5523.jpg



Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |