断水
先週、5日ほどであったが断水が続いた。
最初の3日は5分~10分くらい出る時間が何度かあり、
「出たー、今だー」
とトイレに行き、ためられるだけ水をため、
皿を洗い、冷や冷やしながらシャワーを浴びた。

water.jpg

水が出ないのはずいぶん不便なのだけど、
停電と比べればかなり心に余裕がある。

電気で水をくみ上げるシステムの我が家は
停電になると水も共倒れになり、
調理台もすべて電気のため
水は出ない、お湯も沸かせない、
冷蔵・冷凍は大打撃で
完全にお手上げになる。

それに比べれば、断水は水だけだ。
飲み水のストックもあるし
冷蔵庫も元気だし
TVでオリンピックはやっているし
つまり、ほぼ大丈夫である。

歯を磨いたり、顔を洗ったりするのは
案外少量の水ですむものだと
気づいたりもする。
水がもったいないので
お米も研がずに炊いてみたが
海はおいしいとおかわりした。

そうか
「居ながらキャンプ」だ。

次のときは
リビングにテントを張って寝てみよう。


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

2年に一度、2週間。
オリンピックである。

万年夏のガーナでは、冬季オリンピックなどないに等しい。
そのため私もすっかり気持ちが乗り遅れていたが、
ぎりぎりでテレビの故障も直り、
ガーナからできる限り観戦している。

オリンピックを放送しているのは南アフリカのテレビ局。
一日中、何かの競技を映してくれてはいるが、
こちらの望むものとはなかなか合わないのが
辛いところである。


ハーフパイプも見れず、
ジャンプのラージヒルもやらず、
男子フィギュアのフリーの時はリュージュだった。
すべてパソコンの前で祈りながら
結果を追った。
そんな中で
最も好きな競技のひとつノルディック複合で
とても応援していた渡部選手を
ずっと観戦できたのは大きな喜びだった。
(葛西選手のことは思うところがありすぎて
 とても書けません!)

中学生くらいから、オリンピックの期間中は
熱く応援することでいっぱいいっぱいの
ほぼダメ人間になる私であるが、
今回は、どうもダメさ加減がもの足りない。
ダメ度合いが中途半端だ。
と妙な反省をしたりしている。

そんなことを真顔で言っている自体
すでにしっかりダメである。

karasu1.jpg

Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |