掲載のお知らせ、二つ!
我が家3人にとって特別な存在であるアヴィシャイ・コーエンの
新作CD『デゥエンデ~聖霊』が昨日リリースされました。

1.販売元であるEMIのウェブサイトに
  記事:博士、写真:私のライヴレポートが出ています!

  見てください → こちら



2.ただいま発売中のJazz JAPAN vol.24に
  夫婦コラボのアヴィシャイの記事が掲載されています!
  (ちょうど真ん中あたりUp Close and Personalのコーナー)

  さらにもう一つ嬉しいことを発見。雑誌内でシャイ・マエストロが
  New Star of the Monthに選ばれていました。わぉ。

JAZZ JAPAN Vol.24JAZZ JAPAN Vol.24
(2012/07/23)
不明

商品詳細を見る


Posted by 船長
category:ジャズ 系
comment(2)    trackback(0)

サマースクール
6月で学校が終わった海、2ヶ月間の夏休み中である。
日本と違って、宿題もないからまるまる休みなのである。

それで7月初めの2週間、体操のサマースクールに参加した。
日曜日から木曜日、8時半から13時まで。

会場は天井も高い大きな体育館。
体操クラブ所属の子たちも同じ時間帯に使っていたので、
ビギナーグループの海たちのそのすぐ隣で、
イスラエル選抜の選手が大技を練習していることもある。
なかなか刺激的な環境なのだ。

カルカ
      朝の集合。 後ろは選抜の選手たち

最初の二日は、緊張と疲れでぐったり
喋るエネルギーは残っていないような海だったが、
3日目からは新しく友達になった子のことや、
こんなことやったあんなことできたと報告し始めた。

ジャンプ台を使って宙返り、平均台の上で側転など
ビギナークラスでも、けっこう「体操」っぽいことに
チャレンジしたようだ。

毎日、小さな挑戦をして帰ってくる顔はいい顔だった。


ここでミニクイズ。
サマースクールを終えた海、
「4個だったのが8個になった!」と喜んでいます。
ちなみに博士も8つ、私はかろうじて4つ。
さてこれは何の数でしょう? 
ヒント:割れるもの。 


Posted by 船長
category:娘   系
comment(2)    trackback(0)

1個の銅メダル
そろそろオリンピック!

日本選手の競技をどれだけ見れるかわからないけど、
ロンドンも熱く、あったかく応援するぞー!

とはいえオリンピックムードは漂っていない。
イスラエルが出ていないユーロ2012(サッカー)の方が
明らかに注目度も盛り上がりも大きい。
ちょっと寂しいなぁ、と思っていたら、こんなところにありました。

写本 -IMG_6729

写本 -IMG_6725
      裏には出場選手たち

イスラエルは今までのオリンピックで
通算7個のメダルを獲得している。
(そのうち柔道が銀1、銅2の3個)
前回大会は最後にセーリングで3位になり、
国が活気づいたのを感じた。

1個の銅メダルが、
大きくて、輝いていて
見ていて気持ちよかった。


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

テレビに
家には小さくなったテレビがある。

前はそんなに小さくなかったはずなんだけど、
知らないうちに世にあるテレビの巨大化が進んでいて
いつの間にか、家のがキュッと小さくなった。

さて、そんなテレビに
私の写真がちょこっと登場しました。

サックス奏者のエリ・デジブリ。
この度、文化賞(ジャズ部門)を受賞した
彼のインタビューのコーナー。

toriIMG_6828.jpg

toriIMG_6830.jpg

toriIMG_6831.jpg
      4月に撮ったライブ写真が2枚登場。
toriIMG_6834.jpg
      右上にヘブライ語で名前も出てます。


スキンヘッドでかなりコワモテだけど、
声は優しくサックスの音色はとても甘い。
このギャップがいいんです。




Posted by 船長
category:ジャズ 系
comment(0)    trackback(0)

さまざま
友人が来たのを機に、博士と私も旅行者気分で
イスラエル国内とベツレヘム(ここはパレスチナ自治区)を歩いた。

写本 -toriIMG_5343

写本 -toriIMG_5374

超正統派のユダヤ教徒が多く住む地区、
メア・シャリーム。
博士は10年ぶり、私は初。
ハイテク先進国のイスラエルにおいて、この地に住む人々は
パソコンもテレビも一切排除した生活をしているのだという。
彼らの生活には映画という文字もないが、
まるで映画のセットの中に入ってしまったようだった。

その直後に向かった先は、パレスチナ自治区のベツレヘム。
車でわずか20分ほどの距離。
イエス・キリストが生まれたとされる町である。
3日前に、聖誕教会がパレスチナ初の世界遺産に登録されたばかり。

写本 -IMG_5412
        聖誕教会の中。イエスが生まれた地下洞窟に並ぶ人々。

すぐ近くの市場。
写本 -IMG_5465
          おじさんたちにこにこ
写本 -IMG_5469c
          少年たちも興味津々
写本 -IMG_5459

そして、でたー!
パレスチナ自治区名物の 『スタバ』 で休憩! 
うふふふ。

写本 -toriIMG_5480
写本 -IMG_5490

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を行ったり来たり。
こんな風に隣り合って
さまざまな人がいて、さまざまな暮らしがある。
それぞれの拠り所をもち、それぞれの思いがある。

そして、さまざまな、それぞれの幸せもある。
(と信じたい。)

写本 -IMG_5504


Posted by 船長
category:イスラエル系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |