スカイウォーカー
「ねぇ見て、あの人ふわふわしてる」

娘の指さす方向には、不思議な歩き方の人がいた。
3人でじっと目を凝らした。
しばらくするとその人は歩くのをやめて仰向けになった。

「あれ、浮いてるよね?」

2年ほど前、海辺での出来事だ。

海に行くたびに時々思い出していたあの男の人。
先週、また出会えたのだ。
日も沈み、そろそろ帰ろうかという頃、やって来た。

今度はもう少し近寄ってみた。
おぉ。わぁ。

すると、海が手招きされた。
海に続き、私も博士も教えてもらう。
「一点を見つめて、体を軽くして鳥になるんだ」

skywalk01.jpg

日本にも何度か訪れたことがあり、人が温かくて
とても居心地がよかったというハガイ。
本職は生物学者である。



Posted by 船長
category:人   系
comment(0)    trackback(0)

香川真司選手
2週間前(4月11日)のイスラエルの新聞に、
ドイツでプレーしている香川選手の記事が!

ヘブライ語ですが → こちら

大活躍していることはネットの新聞等で知っていたものの、
日本でもなく、ドイツでもなく、
遠く離れたイスラエルでこんなに大きく
取り上げられるとはすごい!

香川選手のプレーは、スピードもキレもあって
見ていてとてもワクワクする。
今年は大事なところで数々のゴールを決め、
チームの優勝に大きく貢献したんだねぇ。

昨シーズンはずいぶんと怪我で苦しんだ香川、
今シーズン最後の試合、感動して試合中に
泣きそうになったという。

その言葉から、
海外で我慢し努力し奮闘してきた姿と
周りの人たちとのいい関係が思い浮かんで、
私もちょっと泣きそうだ。


Posted by 船長
category:人   系
comment(0)    trackback(0)

パンではあらねど
1週間前にペサハは終わったが、ちょっとペサハの話。

今年は6日の日没から13日の日没までがペサハだった。
その期間、小麦粉製品や発酵するものは食べてはいけない。
だからパンもパスタもビールも店頭から消える。(隠される)

我が家はそもそもこれを守っていないので、
普通どおりの食事だが、
うっかり買い忘れていたカマンベールチーズは
ペサハ前後の数日は売られていなかったため
2週間ほど食べられなかった。

食事規定を守っている人達は何を食べるのかというと
ペサハと言えば、マツァーなのである。

マツァー
     出エジプト時、パンを発酵させる時間などなかったのでクラッカー状

マツァーは、まずいわけではないけれど、
塩も入っていないので、味がない。

そこで、こんなものも登場する。

パンみたいなもの
     ぺサハ期間、マクドナルドもこの「パンみたいなもの」を使用

パンみたいなもの。
今年初めて食べてみた。
うわっ、なんだ、これっ!
見た目パンなのに、生まれて初めての食感。
「どら焼きの皮」と「麩」の中間みたいな歯ごたえで
少しツルリとした感触がある。味は甘い。

うん、パンじゃない。
パンみたいなものは、パンじゃない。

これは、パンだと思って食べると、
少々文句が出るかもしれないが、
パンと比べてはいけないのだ。
マツァーと比べなきゃ。
マツァーと比べれば、「ほぼパン」に格上げだ。
いや、もう思い切って「パン」といえるかもしれない。


パン → パンみたいなもの  ではなく

パン → マツァー → パンみたいなもの  

「マツァー割り込み作戦」
こういう一手は、日常生活にかなり大事な意味をもちそうだ。

Posted by 船長
category:食べもの系
comment(2)    trackback(0)

祭りが終わって
出エジプト記にまつわる重要な祝祭、ペサハが終わった。

ペサハを簡単に説明すると
神がエジプトにわざわいをもたらしたとき、
ユダヤ人だけを「過ぎ越し」たという伝説に由来し、
エジプトで奴隷だったユダヤ人がモーゼに導かれ、
エジプトを出て自由の身になったことを祝う祭りである。

 (関連記事:「ペサハ」「ペサハの晩餐」

今年は学校が3週間近く休みになり、
3月中に休みに入った海は、昨日久しぶりに登校した。

その間、日本から友人が我が家に来てくれた。
フルマラソンを走る彼は、テルアビブマラソンに合わせて
飛んできて、6日間滞在した。

博士も休みを取って4人でずっと一緒に
わはわは言いながら、わいわい過ごし、
あっちこっちがよじれるくらい笑った。

人生の中で6日間なんて、
カウントできないくらいの日数だけど、
心の中に何かが生み出されたり、
ほわっとした変化がおきたりするには
充分な時間でもある。

6日間もいると、言葉で交わす以外のことが
いろいろわかったり感じとれたりもする。
もののとらえ方とか感じ方とか、波長とか、
周りにあるものとか、もっと中にあることとか。

友と過ごす間に、私の中に大事な箱が
一つ増えた手ごたえがあった。

6日間の祭りのような日々が終わり
友は帰ったが、私たちの心に残った。

大事な友だちを前よりもっと好きになるって、
心がほかほかして、いい気持ちだ。

Posted by 船長
category:イスラエル系
comment(0)    trackback(0)

アヴィシャイ・コーエン公式サイトに!
このブログに何度も何度も出てくる
我が家3人にとって特別なミュージシャン
我が家の幸せ、我が家の青春
アヴィシャイ・コーエン。
(参照:「アヴィシャイ・コーエン」「JAZZ JAPAN に掲載!」

そのアヴィシャイ・コーエンの公式サイトに
写真が載りました。
やったー!

redsea02.jpg


見てみてください → こちら

公式サイト上の写真をクリックして、
写真の上にカーソルを合わせると
かっこよく名前も出ます!




Posted by 船長
category:ジャズ 系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |