アリエッティ
海、8日間のハヌカ休み中である。
(ハヌカについてはこちらを参照:ハヌカハヌカ2

最近はよく海とDVDで映画を見ているが、
休みの間はペースが上がる。
昨日は、朝「アリエッティ」、寝る前「寅さん」。

IMG_4841c.jpg
        アリエッティは香港発の新作。

亞莉亞帝。 (ティは草冠つき)

ア と エ の音って同じ文字なのかな?
ヘブライ語と一緒だ。

言語設定のボタンが作動せず、
中国語の字幕つきで見た。
ちょっと邪魔だな、と最初思っていた字幕だが、
これが、けっこう面白い。
すると隣からも声が聞こえてきた。

「お父さんって、こう書くんだね。」
「うん と はい ってちがうんだね。」(ヘブライ語は一緒)

「はい」という文字も、
その時々によって違う字が使われていたり、
「わすれもの」が漢字で6文字も必要だったり
いろいろなちょっとした発見があった。
それに、「坊ちゃん」が「少爺」なんて、かわいくて面白い。

気持ちの袋を開くと入ってくるね、楽しいオマケって。

Posted by 船長
category:もの  系
comment(0)    trackback(0)

サッカー U18
先週、サッカーの試合を見に行ってきた。
なんと、日本vsイスラエル。

サッカー好きのイスラエル人の友人によると
毎年この時期に欧米の3カ国のU18代表を
イスラエルは招いているそうで、
今年はあの地震のこともあり、特別に日本が招待されたようだ。
(他にドイツとポルトガルが参加)

U18とはいえ、日本代表の試合を
イスラエルで観戦できるとは!

博士の同僚の人たちと連れ立って
できたばかりの新しいスタジアムに向かった。
道中少し混んでいて、20分遅れで到着したら、
すでに2失点で0-2。

u1808.jpg

これからこれから、と海の手書きの応援カードや
日本の国旗を広げて応援し始めたら、
ゴーール! よしっ!

u18 (4)

u1809.jpg

さらに得点を重ね、
前半を3-3で折り返す。

u18 (1)


後半はイスラエルの足が動かなくなってきて、
スピードの落ちない日本がおせおせ。

u18 (3)

u1810.jpg
          81分に5点目、86分に6点目。

「みんながイスラエルの応援で
 イスラエルの方が強いって言ってたんだよ」

クラスでは完全アウェーだった海も
気持ちのいい逆転勝利に晴れやかな顔。

すっかり親近感がわいた『明日の日本代表』
今後が楽しみだ!


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(1)    trackback(0)

髪カット
月に一度、博士の髪を切っている。
もうかれこれ4年半になる。
   (参照:「直ってほしい」、「初カット
    ずいぶん前の漂流博士にも→「こちら」)

最初は全てが試行錯誤。
髪に集中するあまり耳を切ってしまったり、
「ありゃりゃな頭」を抱えた博士が、
床屋さんに駆け込んだこともあったなぁ。
ごめんよ、博士。
しかし、そんな失敗も後になれば、
結構いい思い出になるものなのだ。
わははは。
何事も経験である。
失敗、大いに結構じゃないか、娘よ、私よ。

博士の髪に関しては、今やずいぶん手際もよくなり、
ほとんど迷うことなくチョキチョキいける。

今年は、友達に頼まれて女性のカットも数回経験。
それも弾みになって、ついに最近やってみた。
自分の髪を切ってみたのだ。

前からやってみたいと思いつつ、度胸がなかった私であるが、
急に思い立って、3分後にははさみを入れていた。
かなり髪の毛が伸びていたので、5cmチョキン。
少し癖がある私の髪の毛はきっちりと長さをそろえる必要もなく
許容範囲が広いのが幸運だ。
後ろも長さを変えて切ってみる。 チョキチョキ。
切るのが面白くなってきた。 チョキチョキ。

頭が軽く~、気分も軽く~、心も軽い~ぃ。

重そうに見えたふたが、持ってみたら案外軽く、
中から楽しい音楽が聞こえて踊ってる私。

タララララ~

1週間後、またチョキチョキ切ってしまった。
この楽しさ、危険である。


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

セラピスト
「あのね、左利きの人って何でもできるんだよ。
 だっておばあちゃんが言ってたもん。」

「へぇ、でも船長も左利きだよ。」

「うん、そうだよ。」

「船長は左利きでもいろいろできないなぁ。
 ほら、○○とか、○○とか、○○もよくできないし・・・。」

「えぇー、なんで? できてるよ、船長。 
 がんばってるし、大丈夫だよ。
 もぉ、船長ったら、あははは。
 海は逆立ちできないから練習しようっと。」


そっか~。

上手にとか、人と比べてとかいう
人目を気にしたかっこ悪いかっこつけを
ひょいっと取ってみる。

そしてできないことは練習しよう、私も。


Posted by 船長
category:娘   系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |