ある看護師さんの日記
あるサイトで紹介されていたブログを読みました。

もう知っている人も多いのかもしれませんが、
私も周りの人にどうしても伝えたくなった一人です。

医療チームの一員として医療支援に行って来た
看護師さんの日記です。

「被災地での日記」


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

医療支援

イスラエルの新聞によれば、医療チームと支援物資が
日本に送られるとのことです。

医療チーム50人、及び簡易トイレ、毛布、コートなどが
週末には日本に到着し、大きな被害を受けた南三陸町で
野営病院を設置して、医療支援を行なうようです。


医療水準も高く、「野営病院」での診療経験も
多いだろう医療チームの派遣は心強く、ありがたく、
放射線の被害が懸念される中で、日本に赴き
被災者の人々を助けてくれる医療チームの人たちに
心から感謝します。






Posted by 船長
category:イスラエル系
comment(0)    trackback(0)

弔問と義援金
木曜日より、在イスラエル日本大使館にて
地震の犠牲者の方々への弔問記帳が始まり、
義援金の口座も開設されました。

詳しくはこちら↓
在イスラエル日本大使館

半旗
         半旗を掲げる日本大使館。
         同じビルに入っている大使館等も半旗。


博士の大学時代からのイスラエル人の友人が
数日前にまた電話をくれました。

「毎日、日本のことを考えてる。
 核兵器をつくろうともしていない日本の国民が
 どうしてまた被爆しなくていけないのか、
 悔しくて仕方ない。」
 
普段、口数の少ない彼の言葉はずしっと胸に深く響きました。

放水の報道を希望を持って祈るように読んでいます。


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

日本に向けて
とても信じられない、信じたくない映像がイスラエルの
ニュースでも延々と流れています。
(ニュースの中では募金の窓口の電話番号もでています)

友だちから届いたメールの中に、宮城県の島の出身の
同僚が泣きながら津波の映像を見ていたとあり、
読みながら私も泣けてきました。

大変な思いをした方々、今もつらい状況にいる方々に
心よりお見舞い申し上げます。


イスラエルの友人、知人、海のクラスの父母達からも
たくさんの電話とメールを貰いました。
異国の地でもこんなに多くの人たちが支えてくれて
いるのだと再度気づかされ深く感謝しながら
そんな彼らの温かい気持ちも日本に向けて送ります。

一人でも多くの人が助かりますように。
そして被害にあわれた方々が一日も早く希望を持って
再出発できますように。

被災者の方々、救助、復旧のため奮闘している方々に
心からエールを送ります。


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(3)    trackback(0)

くしゃみの作法
「くしゃみのときは、こうやってやるんだよ。」
 
先生から教わったやり方を見せる海。
手で口を押さえる。これは一緒。
でも、押さえる手の部分が手の平ではなく、
ひじの内側である。

な~るほど。
確かに手の平だと、その後ベタベタいろんなとこ
触っちゃうもんね。

よし、これからはこれを採用しよう。
私はひじ裏よりも、力こぶができる辺りが
フィットするのでここにしよう。

ついでにターンも加えちゃおう。


Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |