旅の途中
イスラエルの新年の後は、祝日が続く。
  (参照:ヨム・キプールスコット
テルアビブで生活し始めて1年4ヶ月、その間博士は
特別に休暇は取ってなかったし、海の幼稚園も休みだし、
そろそろ気分転換が必要だと、天から声が聞こえてきたしで、
先週水曜日からイスラエルを脱出中。

最初の目的地では、5日間毎日毎日同じ場所に行き、
「うわぁ~~」だの
「キャーーッ」だのばかり口にしていた。

そして今日、次なる国に移動。
「オラ、オラ」言っている。


私たちが「キャーキャー、オラオラ」騒いでいる間、
イスラエルでは、ヨム・キプールというあの特別な日が
過ぎていった。(昨日、今日)
   
まるで、「静寂の音」が聞こえてくるかのような時間を
過ごす人々が、ちょっと離れた同じ地球上にいると思うと
なんだか不思議で気持ちがいい。

みすずの言うとおり。
みんなちがって、みんないい。

Posted by 船長
category:徒然  系
comment(2)    trackback(0)

ユダヤ新年
「Happy New Year !!」

イスラエルは今日の日没から一足早く新しい年。
ユダヤ暦で5770年である。

幼稚園新年
      幼稚園の教室入り口に。
      りんごとざくろと蜂蜜。

海の幼稚園も月曜日まで4連休。
今日はせっかく博士も休みだし、友達家族と夕方の
早い時間からBBQをする予定だった。

日が傾いてきたらビール片手に海まで歩いて
夕日を眺めて一緒に新年を祝い、またたらたら
時間を忘れて食べたり飲んだり話したりしよう、と
とても楽しい計画を立てていた。

なのに、私が風邪をひいてしまった。
あぁ、残念。 あぁ、不覚。

出だしで既につまづいている5770年、
まずは風邪を治して上向き修正だ。

と思っていたところで、博士と海が帰ってきた。
手を後ろに回し、にこにこ近づいて来る海の背中から
ぴょこぴょこきれいな色が見えた。
風邪をひいていても、5770年、一気に出だし好調となる。
博士よ、海よ、感謝感謝。

バラ

外はとても静かで、ゴ~ンゴ~ンと遠くから鐘の音が
聞こえてくる。 と、いうのは冗談だけど、
除夜の鐘が聞こえてきても不思議ではないくらい、
清らかでしっとりとした年明けの夜。

今年も一年健康に過ごせますように。


Posted by 船長
category:イスラエル系
comment(0)    trackback(0)

ユダヤ教の結婚式
ユダヤ教の結婚式とは、どのようなものなのか、
せっかく結婚式に参列したのだから、ちょこっとだけでも
書いておかないと。
(昨夜ようやく画像をyoutubeにあげることに成功)

ヒラー結婚式

フッパという天蓋の下に新郎新婦(と家族)が立ち、
ユダヤ教のラビによって儀式は進められる。



「結婚誓約書」
ここには、夫と死別した場合や離婚した時の財産わけ、
妻に支払う金額などが書かれてあり、それが読み上げられる。

結婚式で、分かれる切れる終わる離れる等の言葉が
タブーとされる日本の結婚式とは大違い! 
現実的で面白い。

この結婚誓約書は新郎から新婦ヒラーに渡され、
その直後に新婦の母に手渡されていた。
(新婦の父も母も弁護士なので、ヒラーはこれで安心)



最後にグラス(この日は本物のグラスではなかったけれど)を
新郎が足で割って、式は終了。

「マザルトーブ(おめでとう)!」


ちなみに、レストランなどで、
うっかりグラスを落として割っちゃった時も
周りの人から笑顔で
「マザルトーブ」と言われます。
経験済み。
Posted by 船長
category:イスラエル系
comment(0)    trackback(0)

結婚式
2009年9月9日。
999と並んだこの日、新聞によるとイスラエルでは
多くのカップルが結婚式をあげたらしい。

そして、私たちも結婚式に招待されていた。
結婚するのは、我が家の大家さんの弁護士の娘。
と書くと、まるで縁のない他人みたいだが、そうでもない。

我が家の大家さんは、フランス人の老夫婦。
イスラエルには年に2度来るだけで、普段は
パリで生活している。
そのため、大家さんの弁護士アライン・クラインが
ほぼ私たちの大家さんのような役割を果たしている。
1年2ヶ月前、そのアラインとの間で、非常に難航した
アパート契約のサインをした直後、
(漂流博士参照:「ついに!」「一年が経過したんだな」) 
喜びと安堵に浸っている私たちに
「私はハルキ・ムラカミの大ファンなんだけど、
 読んだことある?」
と話しかけてきたのが花嫁となる娘のヒラーだった。

(その後、村上春樹がエルサレム賞受賞。1Q84の
尋常ではない売れ行きにNHKのニュースでちょっとした
特集があり、ヒラーがインタビューに答えている)

前置きが長くなったが、そのヒラーの結婚式に
家族3人で出かけた。
開始時間は夜8時半。いつもなら海はもう寝ている時間だ。
会場につくと、そこはイギリス映画に出てくるような
広く優雅なガーデンだった。 ほぉ~。

ポストへ
         受付。小切手を封筒に入れポストへ。
  
お寿司コーナー2
         人気のお寿司! 赤いネタはマグロじゃなくパプリカ、
         茶色いネタはアナゴじゃなくナス。

ヒラー結婚式
         一番左がアライン

式が終わり、食べよ飲めよ踊れよの本番はこれから。
しかし、半分夢の中の海を連れ私たちは帰路についた。

車に乗ったとたん、安心しきった顔で眠り始めた
海の寝息を聞きながら、
嬉しくて悲しくて、どうしようもなく泣きそうな
父アラインの顔ばかりが浮かんできた。
無言でハンドルを握る博士も同じだったに違いない。

ヒラー結婚式2

  
  
Posted by 船長
category:徒然  系
comment(0)    trackback(0)

年長初日
「ウチにもう一人5歳の子がいて欲しい・・・。」

9月までのカウントダウンが始まった頃。
無駄な抵抗だとはわかりつつ、でも抵抗せずには
いられない。
新しい幼稚園には行きたくない。恥ずかしい。

無理もない。

8月まるまる夏休みの後、知っている子が誰もいない
新しい環境に飛び込んでいかなきゃいけない。
私だって、しりごみするだろう。

子ども時代は、親の道に沿っていくしかない。
そうなのだ。
イヤだってなんだって進んでいくしかない、
はっきりそれはわかっている、でもでも不安なんだよ、
恥ずかしいんだよと無言で訴える海の顔と、
いろんな思いと闘いながら、覚悟の色が少しずつ
濃くなっていった小さな背中を
私はしっかり覚えておこう。

ちょうど一年前は、海と同じく私も初日だった。
(参照:初日
そのウルパンにはもう行かない、と決めた私と
新しい幼稚園には行かない、と決められない海。

少し早めに迎えに行った後、6時過ぎまで新しい友達と
遊びまわっていた海。
親はこうやって負けていく。

初日ガリと
           仲良くなったガリ
Posted by 船長
category:娘   系
comment(3)    trackback(0)

イスラエルイベントのお知らせ
今日2日から6日の日曜日まで、東京の代官山にて
日本初のイスラエルカフェイベントが開催されています。

詳細はこちら↓
『 ISRAEL CHARM YOUR WEEK 』

金曜日の夜はスペシャルライブもあります。
「ハダグ・ナハグのライブが無料なんて、スゴイ」と博士。

お近くの方はぜひぜひ!


Posted by 船長
category:イスラエル系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |