終わり間近
7月で海の慣れ親しんだ幼稚園は終わる。
8月が夏休みで、9月からは別の幼稚園に通い
始めるのだ。
この一年間の締めくくりとして、昨日水曜日
親も参加の卒園遠足があった。
行き先はプラネタリウム。

夕食の時、突然「あのね、宇宙にはね」と話し
始めたことがある。
子どもたちは、3週間ほどかけて宇宙や星に
ついて幼稚園で習っていたようだ。
博士も知らないヘブライ語の名前もどんどん
出てきて嬉しそうに話す海を見ながら、
初めてのプラネタリウムに、そして友達たちと
一緒にどんな反応を示すのか、博士も私も
とても楽しみにしていた。

前日の火曜日、幼稚園の後、もうすぐ帰国する
友達に会うため、前の日に書いた手紙を持って
車で向かった。
途中、やけに静かだなと後ろを向くと、
海はすでに青ざめてグッタリしていた。

その夜、熱が上がり、この度は喘息で苦しんだ。
体全体でやっとやっと呼吸している姿は、
いかにも辛そうで、見ている方も心配で
息苦しくなった。

みなが星を見ていた日、海は一日ほとんど動かず、
肩で息をしながら眠り続けた。
それが幸いして、今日は随分とすっきりした顔で、
鼻唄を口ずさむ余裕も出てきた。

大好きな幼稚園がもう終わる。
行けるか明日、最終日!

Posted by 船長
category:娘   系
comment(1)    trackback(0)

先生からの返信
発売中のある雑誌に博士の書いた記事が載っている。
そして写真を担当した私の名前もちょこっと出ている。

嬉しくて友達にちょこっと宣伝メールを出した。
高校時代の恩師にもメールでお知らせした。

さすが先生。すぐに丁寧な返信が。
一人の先生は、細かい近況に加え、にこやかな
先生そっくりな3人のお孫さんに囲まれた写真と
モルダウのBGM付き。
世界各地を訪れていて、授業中によくその話を
してくれた。まだ日本から出たことがなかった私は、
未知の外国の話に魅せられっぱなしだった。
先生の視野と心の広さは、広い地球を見てまわって
いるからなのだろう、とバックパックで世界を旅し
始めたのは先生の影響だ。

一人の先生は、メール受信の翌朝、開店時間に
あわせて車でTSUTAYAに向かい、雑誌をもとめて
いただけたとのこと。
さすが体育の先生、フットワークが軽い!

当時を懐かしむ先生の言葉にドキッとする。
「あの頃は、純真に輝いていましたから」

純真に輝いていた、かぁ。
しばらく先生とはお会いしていない。今の私は
どう映るだろう。
いまだに不器用ながらも、時には力を抜くという
ことを覚え始めた私には、眩しくてこそばゆい言葉だ。

魅力的な友たちと全力疾走で駆け抜けた高校時代の、
あの一生懸命な私の延長線上でありたい。

先生ありがとう。

Posted by 船長
category:徒然  系
comment(4)    trackback(0)

特等席で
最近、JAZZづいている。
ジャズってなんなのか、未だによく分かってないけど、
とにかくJAZZづいている。

ジャズ好きな博士と一緒に、今月も何度かライブに
足を運び、今月末には私たちの一番好きなベーシスト
Avishai Cohen(公式サイト)のコンサートも待っている。

イスラエルの南端、紅海に面したエイラットという都市で
8月末に大々的なジャズフェスティバルがある。
(残念ながら、これには行けない)
そのおかげかどうかは知らないが、2ヶ月ほど前から
我が家の前の通りで、無料のジャズコンサートが
隔週の金曜日お昼すぎから開かれている。

そして昨日はなんと我が家のまん前が会場だった。
「ジャズよ、来い来いっ」オーラが出ていたに
ちがいない。

street band

サックス

観客

ヒット曲の連続で盛り上がる。
キャロル・キングのYou've Got A Friend を 
特等席(家の窓辺)で聴きいった。

暑い中、3時間も。
ありがたい。


Posted by 船長
category:ジャズ 系
comment(0)    trackback(0)

海からの手紙
昨日、博士が『お土産』を持って帰って来た。
我が友が送ってくれたお宝箱である。

中をごそごそ物色し、可愛いアリスのノートを
見つけて大喜びの海、さっそくノートに何かを
書き始めた。

アリスノート

「博士と船長に手紙を書いたよ、ぐふふふ」

アバへの手紙
(博士のこと大好き。博士風邪にならないで。博士いつも仕事行って。)

風邪から復活したばかりの博士、感激。

よんよんへの手紙

見抜かれてるね、と博士の一言。

姉妹けんか並みの親子けんかの後、
悪かったなー、と思えばすぐに謝る私。 
ちょっと反省、かなり安心。


Posted by 船長
category:娘   系
comment(1)    trackback(0)

ペドロ
スポーツ観戦がとても好き。
先日、久しぶりに野球観戦の機会を得た。
友達が送ってくれていたWBCのビデオだ。
予選を見終わって、決勝の韓国戦はせっかくだからと、
我が家の屋上にビデオとテレビを運び込み、博士の
同僚たちと一緒に、ピザとビールでわいわい味わった。

おぉ~~、岩隈!
はぁ~~、イチロー!

日本中が熱狂したわけだ。

さて、イスラエルにいても今の時代、ネットにつなげば
あらゆる試合の結果が並び、調べればかなり事細かに
試合の流れも知ることはできるわけだが、自分の目で
動きや流れを見ていないものに面白さというのは、なか
なか感じることはできない。
日本にいれば気になるであろうあらゆるスポーツ関係の
情報は、ずいぶんと遠く希薄なものになっていた。

そんな中、昨夜ふと、ある見出しが目に入った。
ひいきにしていたJリーグのチームが2位浮上とある。
普段なら見ないであろう記事を何気なしにクリックすると、
ゴールを決めた選手の写真が載っていた。

「ペドロ!」

彼は、1年2ヶ月前までのご近所さん。
我が家が505号室で、ペドロは同じ建物の403号室に住んでいた。
ブラジルから単身来日したばかりだった。
ごみ捨て場で挨拶を交わし、エレベーターでもよく一緒になり
スペイン語とポルトガル語で片言会話をする仲になった。
練習に行く水曜日の朝は「へーイ、がんばって」と声をかけ、
シーズン終わり頃、試合で連続ゴールを決めた彼を、博士と
部屋まで祝福しに行ったり、練習を見に行ったりもした。

知らなかった。
我が故郷のチームにレンタル移籍していたとは。
さらに今季9ゴール。得点ランク現在首位タイの活躍とは。

嬉しい再会、ペドロ・ジュニオール!


Posted by 船長
category:人   系
comment(0)    trackback(0)

未完
海が元気になり、今週から幼稚園に復帰しました。
ご心配をおかけしました。
そして、温かい言葉をありがとう。

 
毎朝のように包帯グルグルを恥ずかしがって
登園する海だが、帰りはエネルギー満タン。
包帯真っ黒ではしゃぐ姿を目にできる。
こんな普通が、とにかく嬉しい。

さて先日、幼稚園から自作の本を持ち帰ってきた。
子どもたちが自分でストーリーを考え、絵を描いて
2週間程かけて作った本。
とはいっても、2週間のうち1日半しか登園できな
かった海の本は未完成。

the baby cat

p1.jpg

p2.jpg

p3.jpg

p4.jpg

「この後、犬が車から落ちちゃってね。」と一言。

えぇー、気になる。 
どうなるの、犬は、ベイビーキャットは!?

Posted by 船長
category:娘   系
comment(0)    trackback(0)

| HOME |