クイズ
この棒は何でしょう?

FullSizeRender_convert_20170609232415.jpg

下を読み進める前に、ちょっと考えてみてください。

<ヒント>
毎日使うもの。
形は違うけど、日本でも誰もが使います。
自分専用のものがあって、一日に数回使います。
(日本も昔はこれとほぼ同じだったらしい。)

こんな風に置いてありました。(再現イメージ)
IMG_0865.jpg


はい、正解は、歯を清潔にする道具です。
爪楊枝の役割ではなく、歯ブラシ代わり。

14051956.jpg

大人も子どもも噛んでます。
村でも街でも見かけます。

IMG_3100.jpg


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

ペタペタ
昔はいろいろとバイトを経験した。
定番のウェートレス、家庭教師などの他にも
アンケート作成、受験の試験監督、スーパーの試食案内。
ちょっと珍しいところでは、選挙のウグイス嬢2回。
一番面白かったのはエキストラ。
これはバイトというより楽しみで大学4年間ずっと続けた。

どのバイトでも、お金をもらう時に
封筒か何かに入っているとホッとして
ひらひらと現金を手渡されると そわそわした。
家庭教師でお金を財布から数えながら払われて、
その額を見た生徒がノートの隅に1回いくらなのか計算したことがあった。
正当なお金でありながら なんとも言えぬ居心地の悪さを感じた。
労働価値とお金の生々しさとの間に
ワンクッション置きたかったのだ。
若かったってこともあるのかな。
お年玉もずっと袋に入れて取って置く子どもだったから。

前置きが 長くなってしまった。

ガーナで結婚式などの祝い事で演奏したり踊ったりする人に
「おひねり」をあげる場面を何度か見た。
おひねりといっても紙に包んであるわけではない。

IMG_3200.jpg

汗をかいた顔に現金をペタペタ。

IMG_3201.jpg

コインまでペタペタ。

お金の生々しさは その生々しい分だけ
ちょっとした興奮作用があるのだろう。
お金が舞うことでわっと歓声が上がった。
お金がお金としてしっかり見えるから
盛りあがるわけなのだ。

IMG_5250.jpg
          コンサートでもステージに上がってペタペタお札をくっつける

IMG_5261-2.jpg
          右の男性がお札をひらひらとばらまいた

一度、小学校の友達である演歌歌手のコンサートに行ったら
歌と歌の間や、歌っている最中にも
後援会らしき人たちがたくさんステージに近づいて
「頑張ってね」と着物に次々とお札をはさんでいた。
この時も観客は盛りあがった。
地球の裏側と同じだ。

ガーナにいると別世界を感じることがよくあるが
そんな別世界(に見えること)は、案外身近なところにもあるのかもしれない。


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

28番
博士のところにガーナ人の野球仲間アイアンから連絡がきた。
ガーナ大学で、学内対抗野球大会があるという。
アイアンはガーナ甲子園の開幕式での
「日本代表」対「ガーナ代表」の試合で
日本の勝ち越しヒットになりそうだった打球を
ファインプレーでアウトにした選手である。

そのアイアンがガーナ大学で野球を教えているのだ。
もちろんボランティアだ。
そんな彼の応援も兼ねて、差し入れを持って博士と一緒に見に行った。

IMG_7646-Edit.jpg

出場は4チーム。
しかし、ガーナ大学だけで8チームもあるとのこと。
これは野球がほとんど知られていないガーナとしては、
ガーナ大学の学生数が3万8千人いるといえども、
かなり驚きの数字だ。

IMG_7604-Edit.jpg

ほとんどの選手は大学から野球を始めたらしく、
ういういしく微笑ましいプレーも多かったが、
いい指導をしてもらえたら、どんどん上手くなりそうだ。
ちょうど先日、海外青年協力隊の2代目の野球隊員が着任したので、
期待は高まる。頑張って欲しい。

IMG_7661.jpg

IMG_7663.jpg
          日本野球機構からのボール。「誰か」のサイン入り。
          誰のサインか分からないが、日本の選手ではなさそう・・・。

IMG_7676-Edit-Edit.jpg
          紅一点のハナ選手がMVP。
          みんな大喜び。

IMG_7718-Edit.jpg
          優勝チーム。決勝戦は10-9。

IMG_7725-Edit-3.jpg

IMG_7735.jpg
          ハナ選手のチームは準優勝。

さて、優勝チームでひときわ目立ったのが28番のPOSEY選手。
ピッチャーもやって、打撃でも活躍。
守備も盗塁も「おっ!」と思うといつも28番。

それもそのはず彼は、、、

IMG_7722-Edit.jpg

何人もいた!

Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

ひと束ひと束
何度となく書いているが
概して、ガーナの人はおしゃれな人が多い。

女性も男性も服装は色とりどり。
自分に似合うものをよく知っている。
女性は体にピタピタな服装で自分の魅力のアピールを忘れない。
男性はピシッとシャツをきて、ピカピカな靴も忘れない。

そして女性は髪型につづく。
目にする限り、ガーナでは大半の人は
あまり髪の毛が伸びないようだ。
正確に言えば、もちろん髪の毛は伸びるのだが
クルクルというよりチリチリとコイル状に髪の毛が
縮まってしまうのだ。

そこでどうするかというと、サロンに行き「付け毛」をつける。
カツラの場合もあるが、付け毛の方が一般的。
髪の毛の根元に、付け毛を1束1束くくりつけていく。
聞けば、3時間くらいかかるという。
大変だ。そして安くない。

14049584.jpg
          ある村で。青空サロン。

14049590.jpg
          付け毛をつけて、それを編みこむ。

おしゃれ好きな人は
さらに髪型(付け毛)を頻繁にかえる。
娘の学校の友だちも2、3週間で付け毛を
変えてイメージチェンジする子が多い。

ガーナに来たばかりの頃、
人の顔が同じように見えて、なかなか覚えられなかった。
その理由の一つは、髪型だ。
男性はほとんどが坊主に近い短髪だし
髪型で覚えやすいと思った女性は、
コロコロとその髪型を変えたからだ。

昨日、若いガーナ女性の知り合いが
久しぶりに付け毛をつけたと
普段よりニコニコしてさらに可愛くなっていた。
1ヶ月くらいこのままにするというから
洗う時にどうするのかと聞くと
「洗わない。かゆくなったら、細い棒で掻いたり、
 消毒薬をピュッピュッとつけるのよ。」と

おしゃれには我慢も必要。

そういえば
寒さにめっぽう弱い私も高校生の頃は
見た目重視でやせ我慢していたな、冬。
今は昔。


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

日本ガーナ国交60周年
今年はガーナが独立して60年。
日本は、その独立直後にガーナと国交を結んでいる。

つまり日本ガーナ国交も60周年であり
先日、記念のイベントが行われた。

IMG_6496-2.jpg

国交を結んだ当時の両国トップ。
初代大統領のエンクルマ大統領と日本の岸首相。

現在のガーナ大統領は、独立の指導者ビッグ6(参照:「お札」)の一人の孫であり、
奇しくも、日本の首相も岸氏の孫の安倍首相。

IMG_6499-2.jpg

この日の新聞にも大きく載った「日本ガーナ国交60周年」。
一時帰国中に撮った写真が使われたのは、私にはおまけの喜び。

FullSizeRender 2-2


Posted by 船長
category:ガーナ系
comment(0)    trackback(0)

| HOME | next