中学校
イスラエルに家族で住み始めた時
物件が少なかったり、契約が困難だったりして
なかなか家が決まらなかった。
それに加えて、子どもが多くて幼稚園が足りず
勧められた幼稚園はどこも空きがなかった。

ようやく見つけた幼稚園ひとつ。
毎日毎日 私とべったりと過ごすことに飽きて
幼稚園に行きたい気持ちがパンパンになっていた海。
心配した言葉の壁は
子ども同士で遊べる楽しさのおかげで
ひょいっと軽やかに超えていった。
子どもは見事だ。
(参照:海の船出

あれから9年。
5月いっぱいでガーナの学校が終わっていた海
今年は長い長〜い夏休みだった。
日数はほぼ100日。
ちびまるこちゃんのような思考の我が娘も
さすがに最後の方は
「早く自分の生活を始めたい」と言い出した。
いいぞいいぞ。
でも、もちろんそれなりの不安もあるわけで
学校が目前になると笑顔になれずお腹が痛くなった。

教育委員会に必要書類を出し、
英語の面接とレベルテストを受け
ツベルクリン反応検査、足りない予防接種を4本打った。
学校初日の朝、ようやく「入学パケット」を
教育委員会から受け取ることができ
それをもって学校へ手続きに行った。

学年ごとに一人いるカウンセラーの先生が
娘の時間割を組み立ててくれた。
選択科目、英語のレベル、数学のレベルによって
ひとりひとり授業が違うのだ。
何か学校で問題があったり、心配事があったら
いつでもその先生のところに来るように言われる。
そして、手続きが完了。
「さぁ、3限は数学よ。」と言われた海。
今日は手続きだけで私と一緒に帰るつもりでいた海
とたんに緊張して 歯がカタカタ震えていたが
小さな歩幅で数学の教室に入っていった。

その日の夜は、
ぽろぽろぽろぽろと涙がこぼれてしまったけれど
次の日は帰宅した玄関で声が弾けた。
「友達ができたよー!」

IMG_1997.jpg

さぁ、海も始まった。


Posted by 船長
category:娘   系
comment(0)    trackback(0)

スポットライト (久しぶりに娘系)
先日、娘の学校の生徒たちによるミュージカルがあった。
毎年この時期に2日に渡って上演される。
役者は1月にオーディションで選ばれる中高生だ。

海も多少の興味は持っていたようだが、
ガーナ滞在が3年を過ぎ、いつまでガーナにいられるかが
はっきりしない身としてオーディションは受けられなかった。

学校では、オーディションを通過した友人たちが
ミュージカルの練習に明け暮れるのを
横目で見ながら 月日が過ぎ去った。

しばらくすると、バックステージの募集があり
面接を経て、海はメンバーの一員となった。
バックステージとはその名の通り、舞台の裏で動く人だ。
大道具、小道具を考え用意する。
そして場面が変わる度に 椅子やテーブルなどのセットを移動する裏方さん。

日本の中学生だったら、
生活の中心になっていたであろう「部活」の経験がない海にとって
このバックステージは 初めての部活のようであった。
朝6時半に家を出て、帰りは夕方6時半。
帰ってくる顔がいつも生き生きとしていた。

役者の練習を見ながら準備している間に
ずいぶんと台詞も踊りも覚えたらしく
オーディションを受けたかったな と
ぽそっと口からこぼれたりもした。

本番当日、バックステージのスタッフはみな
黒Tシャツ、黒スパッツ、黒靴下、黒スニーカー姿。
まさに黒子。
ライトの消えた幕間にサササッーと舞台袖から出てきて
セットを運びこんだり 運び去ったりするのが役目。

黒子の仕事は暗いステージ上だが、
親の目のスポットライトはあたる。
博士と私には
やけに素早い動きの忍者のような海がよく見えた。
「おいおい、そんなに急がなくても」
ステージから降りる時に転んじゃうんじゃないかと
博士と二人で心配したり笑ったり。

上演後、緊張が解き放たれ 達成感いっぱいの
キャストたちがお客さんに囲まれている脇で
校内にセットを運んでいたバックステージの黒子たちが目に入る。

いいぞ、青春。
よくやった。よくやった。




Posted by 船長
category:娘   系
comment(0)    trackback(0)

友達に会いに。
子供の頃、鍵っ子だった私。
3年生まで毎日、ランドセルを置くや否や外に遊びに出かけた。
門限は6時。いつもギリギリに走って帰って来た。
友だちと駄菓子屋で仕入れた菓子を手に
学校のグランドか近くの温泉街で飽きずに遊んだ。
帰っても誰もいなかったこともあって
家にいた記憶はない。
どこへでもいった。まるで野良猫みたいに自由だった。

娘の海は3年生までイスラエルで過ごした。
イスラエルでは9歳までは子どもだけで道を歩いてはいけない。
そういう法律なのだ。
だから、学校はもちろん、放課後に友達と遊ぶ時も送り迎え。
初めてのおつかいもなし。買い食いもなし。

その後ガーナに渡り、ますます一人で出歩くことから遠ざかった。
(安全面を考えるとそれは致し方ない)

小さな頃から慎重で心配性
そんな娘がこの夏、仲良しの友だち会いたさに
一人で長距離高速バスに乗りこんだ。
3泊4日の旅。

小さくも大きな一歩になりそうだ。

Posted by 船長
category:娘   系
comment(0)    trackback(0)

前回が第一回
娘がブログを書き始めたのは去年の4月。
途中休んだりしながらも
そろそろ1年が経つ。
(ブログはこちらです→海のいえ

最近、ランキングにも参加するようになった。
「いろんな人に読んでもらいたいから」と海。
まぁね、その気持ちはわかる。
ランキングに登録するメリットとデメリットをあげて
しばらく自分なりに考えて、参加することを決めたようだ。

以前からブログに関しては
見えないところで小さな工夫をこらしていた海なのだが
先日、思ってもみないことを言い出した。
「ねぇ船長、ブログバトルしない?」

同じ題(テーマ)で文を書いて、
良かった方がブログに載せられる、というのだ。
バトルというだけあって
なんとも無邪気に挑戦的なアイディアである。

平和で、ささやかで、マイペースな
船長ブログとしては、
かなり腰が引けながらの賛成ではあるが
賛成したとたん話が決まった。
ただ問題は判定するジャッジ役。
我が家に第三者は一人いるが、この難役を任命するのは酷だ。
お互いがジャッジするという海の案も
勝敗と調和とが入り混じる中では悩ましい。
というわけで
「負けたらボツ」の厳しいルールを無しにした。
家内安全。
家庭円満。

さっそく第一回、
博士の出したお題は「チュイ語」。
それを聞くなり、海がさささっとあっという間に書きあげた。
時間がかかる私は二日後にようやく終える。

ブログを開いてみると、切り口がほとんど同じ。
嬉しいやら悔しいやら。
やけにスッキリとまとまっている。
ボツのルールをなくしておいてよかった。
今後もたまにやります。

Posted by 船長
category:娘   系
comment(2)    trackback(0)

新学期
クリスマス休暇(冬はないので冬休みとは言わない)が終わり、
娘の学校も始まって2週間が過ぎた。

先週までの8日間はまるまる特別授業だった。
これは中学生と高校生のみ。
授業といっても教室で勉強するようなものではなく、
スポーツやアート、旅行などを選択できるので
小学生にとっては少し羨ましい期間である。
さらに制服ではなく私服で行けるのも
ちょっと嬉しい特典だ。

サッカー、ランニング、ヨガ、ダンス
演劇、インターナショナル・アニメーション、
クリティカル・シンキング(つまりはバランスのとれた考え方を学ぶ)、
ビーズ製作、料理、リサイクル、歴史、
8日間のガーナ1周旅行なんていうのもあった。
全部は覚えていないが、選択科目はこんな感じだ。

娘は前々から狙っていた「8日間のサバイバル」が
無くなっていて、もうガッカリ。
(火をおこしたり、野外で調理したり、綱渡りなどなど
 様々なサバイバル能力を養う。これは確かに魅力的)

去年からずっと楽しみにしていたのに、、、。
残念だが、仕方ない。
あるものの中でやっていくしかないという
当たり前の現実に気持ちをなんとか戻して
迷った末、料理とインターナショナル・アニメーションに決めた。

午前中に毎日料理を作って食べて、
お腹いっぱいの午後はアニメ映画を見て、
(「千と千尋」もそのうちの一本。)
ちょっと何かを話し合ったり考えたりしたらしい。

上級生たちに混ざった時間はどんなだったのか
聞いてもよくわからなかったが
毎日お楽しみ会のような8日間は終わった。

今週からは通常授業。
久しぶりの宿題でカバンは重いが、
宿題を終えた後の清々しさは
小さな幸せだ。



Posted by 船長
category:娘   系
comment(0)    trackback(0)

| HOME | next