FC2ブログ

船長 たびたび

いつでもどこでもマイペース

夏時間


週末から、夏時間が始まった。
朝起きてしばらくは暗さが戻ったが、
日の出が遅くなったその分、
突然ぐいっと1時間も日が長くなったのは
なんといっても嬉しい。
「夏時間さま」と呼びたいくらいだ。

ところで、夏時間というと
夏が前面に出ているのもあって
どうしても6月から8月くらいのイメージだ。
おおまけに まけたとしても、5月半ばから9月だろう。

今年3月10日に始まった夏時間は
なんと11月の初めの週末まで続く。
つまり、1年のうち8ヶ月は夏時間。
通常時間は3分の1しかない。
通常を冬時間というほうが理にかなっているほどだ。
夏の間だけ例外的な措置として
サマータイムがあると思っていたけど
夏だけじゃなかったのね。

夏時間になった日、
夕方になっても明るくて 日差しは春なのに
まだ最低気温はマイナスで
夏だか春だか冬だかわからない
こんがらがった日だった。
外はまだ青い空なのに19時になっていた。

「サマータイム」
おまけみたいな明るさが嬉しくて、
ついつい長くしちゃったのかもしれないな。

明るいうちからお風呂に入るのは
なんだかとても贅沢だ。

IMG_5309_convert_20190315021528.jpg
          玄関前に、春がきたよー。

贈るもの

前回、バレンタインデーはそれほど特別な日ではない、と書いた。
しかし、特別(特殊)な日ではないけれど、素敵な日ではあるといい添えたい。

それは帰宅した娘からこんな話を聞いたからだ。
その日の授業中、コーラス部の子たちが教室に入って来て
いきなり歌を歌い始めたのだと言う。
アートの授業中は、クラス全員のために。
英語と生物の時は、特定の子のために。

これは、コーラス部の出張「愛の歌」サービス。
依頼された「愛の歌」を、授業中に届けるのだと言う。
依頼するのは先生でも生徒でもいい。
料金は5ドル。

アートのクラスでは、先生がみんなのために。
英語と生物では、ある男子生徒がある女子生徒のために
歌を依頼したらしい。

歌を贈るなんて。
きゅんとしてしまう。

choir.png
        (写真はコーラス部のtwitterより)

2月14日

日本では2月のイベントといえば、
その一つはバレンタインデーであろう。
スーパーもコンビニもほぼどこでも
赤、白、ピンクでキラキラしたバレンタインコーナーが
目立つところに設置されている。
日本にいてバレンタインデーの存在を忘れることは
そうとう困難だ。

私は今年、バレンタインデーに気づかなかった。
海外にいることによって
日本では難しいことが、わりに簡単にできることがある。
その一つが「バレンタインデーを忘れること」なのだ。

イスラエルでもガーナでも今住んでいるところでも
バレンタインデーはそう特別なイベントではない。
少なくとも、女子が気持ちを表すためにチョコを渡す日ではない。


2月14日、学校から帰ってきた海の胸に
オレンジ色のリボンがついていた。

IMG_5142_convert_20190301001728.jpg

ピンクのリボンが乳がんの啓発運動を表すように
レッドリボンはエイズ
ブルーリボンは北朝鮮による拉致被害者問題
など、色によって特定の意味合いを持つリボンだ。

海の胸のこのオレンジリボンの意味は
銃規制運動

(オレンジは反人種差別、児童虐待防止などのシンボル色でもあるらしい)

アメリカで子供を学校に通わせている親としては
いまだ記憶に新しいのだが、
フロリダの高校で銃の乱射事件が起きたのが
ちょうど一年前の2018年2月14日。
17人が亡くなった。
2018年になってまだ1ヶ月半しか経っていないのに
生徒が犠牲になった2018年の銃発砲事件は
すでに6件目だったというから、信じられない、
信じたくない数だ。
(現大統領のうちは銃規制はどうにもならないことが残念でならない)

リボンをつけた海が帰ってきた日に
私はオレンジリボンの意味を初めて知った。
オレンジはもともと好きな色だったが
オレンジリボンに共感する気持ちが強いので
これからはオレンジを
意味とともに身につけることにする。

答え

前回、問題を出しました。
「2時間遅れの時、海の学校は何時何分に始まるでしょうか」
○時○分。
ぜひ、答えを見る前に、思った数字を入れてみてください。

これはつまり、普段の開始時刻は何時でしょうかという問い。
どうしてこんなことを聞いているか。
問題にするくらいだから
ぴったり当てるのは簡単ではないんです。
ピタリ賞にはプレゼントをあげたいくらい。
ピタリ賞だった人は連絡ください。

IMG_5116-Edit.jpg

もったいぶりました。
では答えです。
海の学校が始まる時間は、8時19分。
というわけで、正解は10時19分でした。

20分ではなくて19分。
キリのいい20分ではなく、きっぱりと19分。
5分単位の甘っちょろい世界で 生きてはいねぇんだぜ、
という尖ったやつ。
「19」の意志をひしと感じます。

8時19分。みなさんはどう思いますか?

ちなみに学校が終わる時間は、3時1分です。
3時じゃなくて。

さて、問題です。

前回、娘の学校がよく2時間遅れになると書いた。
これは娘の学校に限らず、私達が住む市の全部の学校がそうなる。
休み、2時間遅れ、放課後の活動中止などなど、本人と保護者宛にメールで送られてくるのだ。

さて、ここで問題です。
海の学校で2時間遅れとは、始まりの時間はいったい何時何分でしょうか。

IMG_2304 2-3